TOMOTAQU TOPIX

不動産投資が少額でできる3つの方法

不動産投資が少額でできる3つの方法

こんにちは、不動産クラウドファンディングのトモタクです。
不動産投資は、安定した収入を得ることに向いているミドルリスク・ミドルリターンの投資手法です。投資対象の物件を購入して、運用をするので融資がおりるとはいえ、まとまった自己資金が必要になります。そのイメージから、初心者は特になかなか手が出せなかったのではないでしょうか?

しかし、中には少額から始められるものがあります。そこで今回は、「少額でできる不動産投資」についてご紹介します。

少額から始められる不動産投資の種類

少額から始められる不動産投資は以下の通りです。

  • 不動産クラウドファンディング
  • 不動産投資信託
  • 不動産小口化商品

それぞれ特徴をみていきましょう。

不動産クラウドファンディング

不動産クラウドファンディングとは、不動産特定共同事業法に基づき、許可を取得した事業者が、インターネットを通じて複数の投資家から資金を集め、その資金で物件を購入・運用します。そこで得た収益を投資家に分配する仕組みです。

インターネット上で複数の投資家へと小口化することにより、1人あたりの出資額が少額でも不動産投資が可能となります。1万円から投資ができるファンドもあり、その手軽さから投資初心者の方からも人気を集めています。

関連記事:不動産クラウドファンディングの始め方|初心者必見

不動産クラウドファンディングの主な収益は運用することで得られるインカムゲイン(賃料収入)と売買することにより得られるキャピタルゲイン(売買益)があります。運用期間は拘束されますが、運用期間終了後に、投資した元本と共に利益が分配金として戻ってきます。

リスクを抑えて安定した収入を得ることができる投資タイプです。

関連記事:トモタクの不動産クラウドファンディングの特徴

不動産投資信託

不動産投資信託とはいわゆるREITです。証券取引所で販売されている金融商品の一種で、不動産を対象に投資した商品のことを指します。利益に応じた配当金が分配される仕組みです。

REITとは「「Real Estate Investment Trust」の頭文字を取った略称です。日本の国内法に則った商品は「J-REIT」と呼ばれています。

REITを発行している法人は、「投資証券」を発行し、投資家はその投資証券を購入します。その資金を元に複数の不動産などに対して投資を行い、「賃料収入」や「売買益」などで得られた収益を投資家に分配します。

不動産クラウドファンディングとよく混同されてしまいますが、明確な違いがあります。

「値動き」「出資の仕組み」「売却時期」「投資家を守る仕組み」の違いがあります。違いについてはこちらの記事で詳しく説明していますので、ご覧ください。

関連記事:REITと不動産クラウドファンディングの違い|投資初心者でもわかる

REITの特徴としては、手軽に売買ができ、流動性が高いという点です。

不動産小口化商品

不動産小口化商品とは、特定の不動産を一口数万円から100万円程度に小口化して販売し、不動産の賃料収入や売却益を投資家に分配する商品のことをいいます。

不動産小口化商品には「不動産特定共同事業法に基づく商品」と「不動産信託受益権を活用した商品」があります。

「不動産特定共同事業法に基づく商品」は国または都道府県の許可を取得した事業者しか取引はできません。不動産小口化商品をインターネット上で取引する場合、不動産クラウドファンディングと呼ばれます。

こちらも収益は賃料収入の「インカムゲイン」と売買益による「キャピタルゲイン」となります。

少額不動産投資のそれぞれの違い

それぞれの違いを比較してみましょう。

気になるのは、結局のところどれがいいのか?ですよね。筆者がおすすめなのは、不動産クラウドファンディングです。

手軽さと安定した収入を得られることや投資家保護の仕組みなどが魅力的です。

その中でも実は、トモタクは良いとこどりです!

高利回り・短期運用・安定した配当により、リスクを抑えながら、リターンが期待できます。

さらに、毎回好評いただいているご当地キャンペーンは、より豊かな投資体験をしていただきたいという思いから始めました。

ファンド毎にその土地のご当地をプレゼントしています。トモタクの不動産クラウドファンディングで、利益だけでなく、その土地に関しても興味を持っていただけたら嬉しいです。

関連記事:TOMOTAQUが選ばれている理由!

少額不動産投資のメリット

紹介した3つの少額投資に共通するメリットは3つあります。

  • 比較的高い利回り
  • 運用は任せられる
  • 不動産投資初心者でも気軽に始めやすい

不動産クラウドファンディング、J-REIT、不動産小口化商品、それぞれ異なりますが、他の投資商品に比べてみても比較的高い利回りが設定されています。中長期的に安定した収益を得ることができるという点が最大のメリットです。

また、少額不動産投資の場合、不動産の運用や管理は全て事業者に任せることができます。出資をしてしまえば、分配を待つのみ。この手軽さからも、不動産投資初心者向けであるといえます。

少額不動産投資のデメリット

続いて少額不動産投資のデメリットについてもお伝えしていきたいと思います。

  • レバレッジ効果が低い
  • 不動産ならではのリスクがある
  • 元本保証はない

少額不動産投資の場合、レバレッジ効果が低いという点がデメリットとして挙げられます。現物不動産投資の場合には、不動産投資ローンを組むことで自己資金以上の金額の物件を購入することが可能です。しかし、少額不動産投資の場合には、融資を受けられません。レバレッジ効果を高めて効率よく、利益を得たい人には向いていません。さらに、元々の出資額が少額ですから、得られるリターンには限りがあります。

対象が不動産のため、不動産ならではのリスクがあります。比較的リスクを抑えた投資ではありますが、投資をする前に、想定されるリスクについては十分に理解する必要があります。また、どれも元本保証はないため、気軽に少額で投資ができるといえども、慎重に判断しなければなりません。

さいごに

初心者にはハードルが高かった不動産投資を少額で始められる仕組みが構築されたことにより、投資機会を増やすことができました。

不動産投資に興味のある方は、まずは少額でできる不動産投資から始めてみるのがいいかもしれません。インターネット上で取引ができる、不動産クラウドファンディングはより、気軽に行えるためおすすめです。

しかし、デメリットやリスクは必ず存在します。たとえ初心者であっても、投資先を把握し、自身の目で確かめて判断することは怠ってはいけません。充分、理解した上で、始めてみてくださいね!

初めてでもわかる!不動産小口化商品とは?

初めてでもわかる!不動産小口化商品とは?

投資初心者必見!AIを活用した新しい資産運用の方法

投資初心者必見!AIを活用した新しい資産運用の方法