menu
資料請求 会員登録 ログイン
よくある質問 | 【公式】TOMOTAQU-トモタク-不動産特定共同事業
  1. HOME
  2. よくある質問

よくある質問

TOMOTAQUに関するよくある質問をまとめました。

一般的な「実物不動産投資」と「不動産ファンドへの投資」は何が違うのですか?

実物不動産投資とは、一般的に”私たちが想像する”不動産投資のことを言います。
自己資金、金融機関の融資を活用して、ご自身で一棟マンション、アパート、区分マンション、戸建てなどを購入し賃貸経営をする投資スキームになり、不動産の所有者は投資家自身になります。

一方、不動産ファンドへの投資とは、不動産を管理・運営する事業者に対して小口資金(一口:◯◯万円)を出資して、家賃収入などによる利益を分配してもらう投資スキームになります。
出資者はあくまで、不動産投資事業への出資をするだけですので、不動産の所有者は事業者であり事業の管理・運営をすることはありません。

J-REIT(不動産投資信託)と不特法投資の違いについて教えて下さい。

J-REITは証券取引所に上場している不動産投資信託です。
上場しているため、証券会社の口座を通じ、一般投資家が自由に参加できる関係で、元本の流動性が高く、市場や景気、世の中の流れなど外的要因に価格が影響されやすい投資商品になります。
それに対して、不特法投資は賃貸借契約者から得る賃料による利益を配当の原資としているため、価格が安定し契約に応じた定期的な配当が見込まれるのが特徴です。

TOMOTAQUの商品に投資するメリットを教えて下さい。

トモタクの運営母体である株式会社イーダブルジーは、これまで、収益不動産の仕入れ・販売を主業としてきました。不動産の仕入れ業務で培ったノウハウは、不動産の市場性や収益性を適切に評価する『確かな目利き』として商品企画に圧倒的な優位性をもたらします。私たちが提供する確かな商品力にご期待下さい。

TOMOTAQUの商品は確定利回り商品ですか?

確定利回り商品ではございません。
とはいえ、私たちは出資者様に対して利益分配の保全性を高めるため、当社グループ会社やサブリース会社によるサブリース契約の締結などを通じて、賃料から得る利益の優先分配の仕組みを構築しております。

出資金の元本保証はありますか?

元本保証はありません。元本保証につきましては、出資法で禁止されている行為です。
私たちは出資金の元本の保全性を高めるために、優先劣後システムを採用しております。万が一、対象不動産の評価額が低下した場合においても、劣後出資分から損失を消化していきます。
なお劣後出資の割合は20%以上になります。

契約期間満了時の出資金はどうなりますか?

最終的な出資の価額に基づき、最終の利益分配金のお支払いと同時に償還します。

利益分配金に対する税金はどのような扱いとなっていますか?

利益分配金は雑所得となり、総合課税扱いとなります。
出資者様の利益分配金から「20.42%(※)」の源泉徴収後、指定の口座にお振込いたします。但し、源泉分離課税ではございませんので、原則出資者による確定申告が必要です。

※平成25年1月から平成49年12月まで復興特別所得税が課税されます。その為源泉徴収税率が20.42%となります。

出資にかかる手数料を教えてください。

トモタクでは出資者様のご資金の自由度を高めるため、事業者の事務処理等のITシステム化によって、お客様の手数料負担を減らしています。しかしながら、相続にともなう名義変更や第三者への譲渡の手続きに関しては、ITシステムによる事務処理が困難であるため、一律の手数料を頂戴いたします。

匿名組合とは何ですか?

商法535条に規定されている契約形態で、出資者様が事業者のために出資し、事業者がその営業から生じる利益を分配する契約のことです。
トモタクでのご出資にあたっては、事業者である株式会社イーダブルジーと出資者様との間で匿名組合型の不動産特定共同事業契約を締結していただきます。
※匿名組合の出資者は出資した金額の範囲内でのみ、責任(有限責任)を負います。

ページ上部へ戻るボタン