TOMOTAQU TOPIX

不動産投資ローンとは?投資前に知っておきたいポイント

ローン
不動産投資ローンとは?投資前に知っておきたいポイント

こんにちは、10万円から始められる不動産クラウドファンディングのトモタクです。

不動産投資を始める上で知っておきたい不動産投資ローン

不動産投資ローンとは何か、住宅ローンとの違いなどを解説していきます。

融資をご検討中の方は、ぜひ、最後までご覧ください。

関連記事:不動産投資する3つの理由

不動産投資ローンとは

投資のための不動産を購入することを目的として、金融機関から融資を受けることができるものです。

不動産投資を行う際に利用されます。

不動産を購入し、第三者から家賃収入を得ながら不動産を経営するという目的でなければ、不動産投資ローンは組むことができません。

融資基準や審査基準があらかじめ決められているのが特徴です。

不動産投資ローンの種類

  • 都市銀行
  • 地方銀行
  • 信用金庫・信用組合
  • ノンバンク

都市銀行などの大手の場合、金利は低くなりますが、資産家や企業などへの大口融資を優先する傾向にあり、一般の投資家は審査が厳しい傾向にあります。

一方の地方銀行では、審査は都市銀行に比べると難易度が下がりますが、銀行によって金利の幅があるため注意が必要です。投資する物件や現在の住居がある場所によって、選べる銀行が異なります。

信用金庫や信用組合は、地方銀行よりもさらに融資を受けられるエリアが限られています。

そして、銀行以外の金融機関であるノンバンク。他の金融機関に比べると審査が緩いため、安定した収入がない人でも融資を受けられる可能性がありますが、金利が高く設定されています。

それぞれを比較

住宅ローンとの違い

不動産を購入する際に融資に住宅ローンがあります。では、不動産投資ローンと住宅ローンの違いはなんでしょうか。

その違いは以下の3つです。

  • 借り入れの目的
  • 金利や限度額
  • 審査基準

借り入れの目的

不動産投資ローンは先ほどもお伝えしましたが、投資のために不動産を購入することを目的としたローンです。

一方の住宅ローンは、自分が住むための不動産を取得することを目的としたローンです。

不動産を購入するための借り入れでも、投資目的なのか、自分が住む目的なのかによって異なります。

金利や限度額

金利や借り入れできる限度額が違います。

不動産投資ローンの場合、金利は1.5~4.5%。

さまざまな要素が評価対象になる不動産投資ローンでは、融資金額が大きくなる傾向にあります。

住宅ローンの場合の金利は0.5~2.0%程度。

給与収入が返済原資となるため、低金利となります。融資金額はその人の給与収入によって上限が異なります。

審査基準

金利や限度額にも影響のある審査基準が違います。

住宅ローンの場合、年収・勤続年数・貯蓄金額・借入金額・金融事故の履歴など、個人の信用度が審査基準となります。

不動産投資ローンはこれらにあわせて、物件のエリア・築年数・家賃設定・物件の売買履歴など、物件の収益性についても厳しく審査されることが特徴です。

不動産投資ローンを組むべきなのか

不動産投資を行うのであれば、不動産投資ローンは組んだ方がいいでしょう。

なぜなら、「レバレッジ効果が高い」からです。

レバレッジ効果とは、少ない資金でも融資を受けることで大きな投資効果を得られることを指します。

不動産投資ローンを組むことで、少ない自己資金で大きな利益を得ることが可能になります。例えば、自己資金だけではまかないきれない大きな不動産も、融資を受けることで購入することが可能です。

ローンを組むことにマイナスなイメージを持たれる方もいらっしゃるかと思いますが、自己資金だけでは、なかなか良い物件を購入することができません。

資産運用の見通しを立て、リスクヘッジをすることができれば、レバレッジ効果も高まります。

また、ローンを組むことで、自己資金が少なく済むので、手元に現金を残すこともできます。

不動産投資ローンを組む前にしっておきたいポイント

  1. 不動産投資ローンを組める年収の目安は、700万円以上
  2. 融資の可能額は年収の10倍
  3. 個人の信用度にあわせて、勤務先の信用力も加味される

融資を受けるまでの流れ

事前審査から借入までは全体を通して、2ヵ月ほどかかります。

以下のステップに分かれています。

事前審査では、物件と自分の資産状況に関する書類を提出します。必要な書類は銀行によって異なりますが、提出する書類が非常に多くなります。不動産会社の紹介で銀行に行くことでスムーズに審査を受けることができます。

事前審査が通ったら、次は業者と売買契約を締結します。

次に、本審査です。物件と属性がその銀行にあっているかを審査します。事前審査が通過していれば、状況に大きな変化が無い限り、本審査で落ちてしまう可能性は低いでしょう。この審査では金融機関の方と面談があります。

最後に、金銭消費貸借契約を締結します。金銭消費貸借契約とは借入の際に結ぶ契約です。

この契約を締結する際に、実印や身分証などの提示が必要となります。

さいごに

不動産投資を行うのであれば、不動産投資ローンは検討すべきでしょう。少ない自己資金で、大きな不動産を購入し、レバレッジ効果を高めることができるからです。そこで得ることができる家賃収入から、返済計画を立て、コツコツ運用することができます。

兎にも角にも、不動産投資は勉強と計画が非常に重要です。まずは基礎を作り、その通りに運用することで、経験やノウハウを積むことができます。

もし、不動産投資が難しいと感じるのであれば、ローンを組まずに、少額から投資ができる不動産クラウドファンディングはいかがでしょうか?

不動産クラウドファンディングへの投資で自己資金を増やすことも可能です。不動産クラウドファンディングで物件を見極められる知識を身につけることができれば、不動産投資にも役立てることができ、結果さまざまな理由から不動産投資ローンの審査も通りやすくなるでしょう。

関連記事:不動産投資の良いとこどり不動産クラウドファンディング

何を選んだらいい?投資初心者におすすめの投資

何を選んだらいい?投資初心者におすすめの投資

不動産投資において重要な将来性を見据える考え方とは?

不動産投資において重要な将来性を見据える考え方とは?