menu
資料請求 会員登録 ログイン
不動産小口化商品は不動産投資家の裾野を広げる | 【公式】TOMOTAQU-トモタク-不動産特定共同事業
  1. HOME
  2. 不動産トピックス
  3. 不動産小口化商品は不動産投資家の裾野を広げる

トモタクトピックス

不動産特定共同事業

不動産小口化商品は不動産投資家の裾野を広げる

2020.9.24

不動産小口化投資のトモタク、広報担当のskです。

私たち株式会社イーダブルジーも遂に、不動特定共同事業の事業許可(東京都知事第133号)が下りました。
従来の収益不動産買取・販売事業、賃貸管理事業に加えて、不動産特定共同事業をおこなっていきます。

私は、不動産小口化商品は確実に投資家の裾野を広げるものだと思っています。
そして、今の世の中の状況や金融情勢は本事業にとっては”追い風”になるのではないかと思っているのです。

銀行の定期預金金利は0.002%、普通預金に至っては0.001%となっていて、預けることへのリスクの方が大きくなっています。
銀行への預金は今や、「安全にお金を預けられるセキュリティのしっかりした金庫」のような役割でしかありません。
もっと言えば、「出し入れする度にお金が減る金庫」とも言えるでしょう。

人生100年時代といったキーワードにも慣れてきましたが、将来を見据えできるだけ早い段階で投資活動に参入する必要があるのです。

投資活動は、既に一部の富裕層のものではありません。
少ない投資金額で購入できる商品も増えてきました。不動産小口化商品もその一つです。

あなたの未来をよりよいものにし、心身ともに健康で豊かなものにするためには、投資活動は必要不可欠なものになっています。

Dive to Investment!!

ページ上部へ戻るボタン