menu
資料請求 会員登録 ログイン
トモタクの不動産小口化商品は何が優れているのか?その特徴に迫ります。 | 【公式】TOMOTAQU-トモタク-不動産特定共同事業
  1. HOME
  2. 不動産トピックス
  3. トモタクの不動産小口化商品は何が優れているのか?その特徴に迫ります。

トモタクトピックス

不動産特定共同事業

トモタクの不動産小口化商品は何が優れているのか?その特徴に迫ります。

  • サブリース
  • 優先劣後構造
2020.9.29

不動産小口化投資のトモタク、広報担当のskです。

TOMOTAQU -トモタク- の不動産小口化商品の特徴についてお伝えします。

トモタクの不動産小口化商品は、出資者への配当の確実性元本の保全性を高めるためにサービスに様々な工夫をしています。

“不動産事業”に出資していただける出資者と共に事業を盛り上げ、Win-Winの関係を構築していきます。

トモタクの不動産小口化商品は、私たちイーダブルジーと出資者にとって、Win-Winの関係を構築できる商品なのです。

具体的にどの点が優れているのでしょうか?

トモタクの魅力1:優先劣後構造

まずは『元本の保全生』についてです。

トモタクの全ての商品には『優先劣後構造』が採用されています。
商品によって異なりますが、20%以上の劣後出資と80%以下の優先出資によって、万が一評価額が下落した場合においても劣後出資分から消化していきます。これにより、出資者の元本の保全性が高まるのです。

また利害関係取引が成立するような場合は、必ず不動産鑑定士による鑑定評価を用意します。
これにより、出資総額は客観的な数字となるため安心して出資していただけます。

トモタクの魅力2:サブリース構造

続いて、『配当の確実性』についてです。
トモタクの商品は、その運用期間中、第三者とのサブリース契約によって出資者への配当の確実性を高めます。

原則的に、不動産小口化商品に出資した方への配当の原資は『入居者からの賃料』になります。

仮に入居者が退去した場合は、配当の原資がなく最悪の場合は無配当になる恐れもあるのです。
戸数が少ない収益不動産を商品化した場合は、1つの退去が致命的になります。
そのようなリスクを回避するためにも『サブリース』はとても重要な役割を果たすのです。

サブリース契約は、出資者であるあなたへの『配当をより確実なもの』にします。

他にもトモタクの特徴や強みはたくさんあります。

別の機会に紹介させていただきますので、楽しみにしていて下さい。

ページ上部へ戻るボタン