menu
資料請求 会員登録 ログイン
収入と支出のバランスよりも大切なことがあると思いませんか? | 【公式】TOMOTAQU-トモタク-不動産特定共同事業
  1. HOME
  2. 不動産トピックス
  3. 収入と支出のバランスよりも大切なことがあると思いませんか?

トモタクトピックス

資産運用

収入と支出のバランスよりも大切なことがあると思いませんか?

  • 第二の収入源を作る
2020.10.17

不動産小口化投資のトモタク、広報担当のskです。

よく収入と支出のバランスについての話が出てきます。

収入と支出のバランスについては、”理想のテンプレート”みたいなものがあるらしく、それに対比するように”我が家の家計”をチェックしていき、目に余るところを修正していくような方法がオーソドックスだと言われています。

ここでは、主に収入と支出についてのバランスを調整して、残りを貯蓄に回しましょう!といった流れに着地します。

私は敢えて、この考え方に異を唱えたいと思っています。

収入はそのまま支出を減らすという考え方は危険です

私は、この考え方は非常に危険な兆候だと思います。
理想的な家計のロールモデルがあり、特手の部分の支出が多い人はその分「支出を減らす」ことで家計バランスを保っていくわけですが、支出を減らしたその先にあるものについての言及がほとんどないからです。

確かに、支出を減らすことで、余剰資金ができ現時点での生活が心豊かになることは間違いありません。
支出を減らすという一定の努力をされていることも間違いありません。

ただそれは、現状を満足するため(お金を残すため)の努力であって、未来に向けた自助努力が一切含まれていないのです。

努力を正しい方向に導くことが重要

支出を減らす努力をどのようにして、正しい努力に転化させるかが、これからの時代は重要になってきます。

いくら支出を減らして、それを貯蓄に回したところで、残念ながらお金は増えません。
銀行の普通預金の金利は0.001%、定期預金でも0.002%が相場です。

あなたが頑張って支出を減らし、どこかのタイミングで100万円作ったとしても、そのお金を定期預金に回したところで年間0.002%でしか運用できないのです。
これでは、一生懸命支出を減らしてお金を残したとしても、割に合わない気持ちになってしまうのではないでしょうか。。。

収入と収入のバランスが大切です

日本語として少しおかしな表現ではありますが、私は敢えて「収入と収入のバランス」と呼ばせていただきます。

極論を申し上げてしまいますが、支出はそのままで収入を増やす努力をすれば、家計のバランスを保つことはできます。

俗に言う、”生活水準が上がる”ということです。

「収入と支出のバランスを見直すのではなく、収入を得る先を増やすことの方が遥かに大切だと私は思います。

経営者や事業主の方であれば、事業を多角的に展開したり、取引先を増やしたりしながら、収入源を増やすことを感覚的に行っていますが、会社員の方はそうはいきません。
副業が解禁になっている会社もあるようですが、その副業を”労働”に充ててしまうと、時間的な制約に苛まれますし、身体が衰えはじめたときに、収入が減っていしまう可能性もあるのです。

資産運用で収入の幹を厚くしていく

あなたが収入のバランスを保ち増やしていくためには、投資活動による資産運用が最も簡単で効率的な方法なのです。

トモタクへの投資に関しても、数多くある投資商品の一つですが、できる限り様々な商品に分散投資をするのがいいと思います。

お気づきの方も多いと思いますが、ここでいう”収入のバランス”とは、「ポートフォリオ」を意味します。

分散投資を目的とした金融資産の組み合わせを分厚く多面的にしていくことで、リスクを十分に回避しながら資産形成をすることが可能になります。

これは支出を減らすことよりも重要な考え方です。

一般的に言われている”支出を減らす”という考え方は、”お金を貯める”という考え方をベースとしていますが、”お金を増やす”という考え方は含まれていません。

統計的なデータにも示されているように、日本人の金融資産の50%は現金・貯金になります。
ですので、”支出を減らす”という節約志向の考え方が、万人受けしますが、”お金を増やす”という考え方は、あまり受け入れられません。

しかし、時代の変化とともに、私たちのお金に関する考え方も変化していくべきではないでしょうか。

分散投資を上手にすることで、収入の””を大きくし、”年輪”の数を増やしていくための自助努力が大きな”樹木”を育てるためには大切になってくるのです。

ページ上部へ戻るボタン